香典返しや結婚祝いなどの贈り物【カタログギフトで感謝の気持ちを】

香典返し

感謝の気持ちを込めて

ギフト

ギフトシーズンに人気が高まっているのがカタログギフトです。贈る側と贈られる側のプレゼントのミスマッチを無くすことができるのが一番の特徴です。しかし、カタログギフトには有効期限が存在するので贈る際には注意が必要です。

幸せな二人にプレゼント

ギフト

結婚祝いは何を贈れば喜ばれるのでしょうか。今では消耗品を贈る人が増えてきています。そのほかにも、二人で一緒に使うことのできる食器類や思い出を綴ったアルバムなどがあります。気持ちを込めて結婚祝いを贈りましょう。

感謝の気持ち

花

家族が亡くなってしまったらお通夜や葬儀をして亡くなった故人と最後のお別れをします。その際に参列していただいた方から香典を頂きます。そのお返しとして香典返しを贈ります。香典返しとは、お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお返しのことをいいます。香典返しには「使えばすぐになくなるものを選ぶ」「肉や魚は避ける」「手工品は避ける」などのマナーは最低限抑えておく必要があります。その他にも香典返しにはあまり向かない避けた方がよいものがあります。それは相手に金額がわかる商品券や金券です。受け取る側の都合や好みの問題もあるので今はカタログギフトを香典返しに贈る人も多いようです。故人のためにいただいもののお礼なので、気持ちよく受けって貰えるものを贈りましょう。

贈り物やお返しをするという文化はこの他にも日本には多く存在します。たとえば、お歳暮・お中元もその一つです。そしてどのシュチュエーションでも人気が高まっているのがカタログギフトです。カタログギフトの特徴は贈られる側が商品を選ぶことができるということが最大の特徴です。現在では、金額も選ぶことができるため結婚祝いや出産祝い、内祝いなど幅広く利用されていています。カタログギフトを贈る際に注意すべき点は有効期限があることです。購入する際はしっかり確認する必要があります。しかし、贈り物やお返しにはなんといっても相手への感謝の気持ちが大切です。プレゼントする相手のことを考えて贈りましょう。

本来の意味と今の風潮

花

内祝いには結婚内祝いや出産内祝いなどいろいろありますが、本来は贈る側が自発的に品物を贈るのが内祝いです。意味合いから考えると内祝いとお返しは別物になります。しかし最近の風潮はお祝いを頂いたらお返しするのが通常です。